睡眠時

​無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠中に呼吸が止まる、または浅い・弱い状態になることで、十分な睡眠を取る事が出来ずに、日常生活に障害を引き起こす疾患です。

​サス

夜間に繰り返される無呼吸で、血液中の酸素が低下したり、夜中に起きてしまったり、身体に悪影響をおよぼし、また日中に強い眠気を感じることがあります。

​・眠っているときに、いびきがうるさい、呼吸が止まっている、と言われた

​・自分ではしっかり睡眠を取っているはずなのに、日中に強い眠気や疲れを感じる

​・夜中に何度もトイレに行く

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の原因で一番多いのは、舌などが空気の通り道を塞いでしまう、または狭くなることで起こる、「閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS オーサス)」です。

​検査から治療までの流れ

病院

ご自宅

病院

まず病院にて問診を行います。睡眠や日常生活、健康状況などをお伺いします。

ご自宅にて、血液中の酸素の状態や呼吸、脈拍数などを測定していただきます。

​この簡易検査では、AHI数値(睡眠1時間あたり、「無呼吸」と「低呼吸」状態の合計回数)を測ります。合計回数が40以上の場合、当院で精密検査をいたします。

病院にて、多くのセンサーを装着して、睡眠、血液中の酸素、呼吸状態など精密検査します。その結果をもって、治療方針を決定いたします。

当院にて​診察

​簡易検査

AHI

40以上

AHI

40未満

CPAP療法

精密検査

AHI

20以上

AHI

20未満

その他の治療

​生活改善など

※当院から専門病院を紹介します。

治療法

口腔内装置

マウスピースのように、睡眠時にくわえて眠ることで、舌や顎を支え、気道を確保する装置です。

CPAP(シーパップ)療法

CPAP装置からホース、マスクを通して常に一定圧の空気を送ることで、気道が塞がることを防ぐ療法です。

適切なCPAP療法を行うことで、睡眠中の無呼吸やいびきが減少し、閉塞性睡眠時無呼吸症候群の症状の改善が期待できます。

​費用

健康保険等が適用になった場合、検査費用は3,000円程度(3割負担の方)。

CPAP療法が導入になった場合は、専門機器をレンタルしていただく必要がございます。

​4,000円/月額(3割負担の金額)

@2018太田糖尿病クリニック all right reserved.

​〒373-0861 

群馬県太田市南矢島町907-1

受付 0276-55-6611

プライバシーポリシー